中古のパソコンを購入するために知っておきたい事

今までパソコンを買ったことがない人が、ただ安いからといって中古に手を出すことは避けた方がいいです。というのは、USEDのPCは、新品ではあり得ないような特徴をいくつか持っているからです。そういった知識がないのに購入してしまうと、自分が考えていた使い勝手とまったく違っていたなどの理由で、結局使いこなすことができず、手放すといったことが起こりえます。USEDのPCは、有料で販売されているものであっても、そのままの状態では使えないものも珍しくありません。しかし、パソコンを買ったことがない人、あるいは初心者は、絶対に中古を買ってはいけないということではありません。ポイントとなる知識を抑えれば自分に合ったPCを安く手に入れられる可能性が高くなります。

商品状態を表す言葉を知っておこう

中古パソコンを購入するにあたって、抑えておくべき知識としてどのようなものが挙げられるかというと、商品状態を示す言葉があります。たとえば、展示品、訳あり品、ジャンク品などがUSEDのPCではあり得ます。展示品というのは、店頭に見本として置いていた商品を表します。いろいろな客が試用していますが、連続で何時間も利用されることは少ないので、商品の状態はいいことが多いです。また、付属品は店がきちんと保管しているので欠品がありません。なので、かなり新品に近いUSED品ということになるでしょう。もちろん、新品と比べればかなり値引きされているので、新品に近いものを買いたいという人にとっては狙い目です。次に訳あり品と表示されているUSED品ですが、文字通り、なにかしら理由があって一般的なUSED品よりも安く売られているものになります。

初心者は展示品なら購入してもいいがジャンク品は避けるべき

訳あり品になっている理由として挙げられるのは、マニュアルなどの欠品がある、PCケースなど動作に支障のない部分が破損しているといったものが挙げられます。欠品しているものについては、メーカーから有料で取り寄せが可能ですし、ケースの破損については放置しても特に問題ありません。見栄えをまったく気にしなければお買い得です。ジャンク品というのはがらくた、つまり壊れている商品のことです。PCの場合、モニターが点灯しないなどの故障品、ハードディスクがない、OSがインストールされていないなど、そのままでは使えないものが該当します。展示品や訳あり品については初心者が買っても大丈夫ですが、ジャンク品には手を出さない方がいいでしょう。基本的に自分で修理したり、パーツを取りつけることができる人向けのUSED品と考えるべきです。